イミテーション・ゲームは一見地味な映画だけど脚本が素晴らしい

イミテーション・ゲームはドイツ軍の歴史上最強の暗号機とされたエニグマの攻略に人生をささげた人たちの物語です。

これまでもエニグマ暗号の解読を描いた映画はありましたが、ベネディクト・カンバーバッチが出演した今作ほどに興行的に成功を収めた作品はなかったと思います。

制作費15億円程度に対して興行収入は280億円を突破するというとんでもない成功を誰が予想できたのでしょうか。

それだけイミテーション・ゲームの脚本が優れていいたんだと思います。

イミテーション・ゲームは低予算映画でも十分にヒット作は作れることを証明した作品だと思います。

[チンジャオ娘 田舎]ビッチが田舎にやってきたでも規模は小さいですが同じビジネスモデルで成功しているジャンルです。

電子漫画レンタルはRenta!やシーモア、マンガボックス、ガンマなど色々なサイトがあるのでユーザーも自分の好みに合った漫画がたくさん配信されているサービスを選択することができます。

作品の中できになった部分があったので紹介しておきます。

その部分というのはせっかくエニグマの解読に成功してドイツ軍の次の攻撃目標が分かったにもかかわらず、ヒューがイギリス軍にドイツ軍の位置を知らせようとしますが、アランは電話を破壊してしまいます。

アランとしてはこのままドイツ軍にエニグマ暗号が破られたことを気づかせないようにそのまま躍らせておくことが勝利に繋がると確信していたわけですが、それをちゃんと説明しないままそのまま自分の国の一般市民がたくさんのった船を爆撃させろと言うのは職場の仲間達に気がふれてしまったのかと思われてしまったも仕方ありません。

アランがヒューに殴られる場面はスカッとしました。

そんな大事な選択を一人の判断で決定して強引に他の人に押し付けるべきではないと思います。

まずはエニグマの暗号を破った事を知らせないようにして今後の戦況を有利にすすめるべきだと確信の部分の考えは短い言葉でも言えるはずなので、そのことを職場の仲間にちゃんと告げて彼らの意見を聞くべきだったと思います。

たしかに次の攻撃までの時間が15分程度と確かに切羽詰まった状況でしたが、それぐらいのことは言う時間はあったと思います。

彼らも次の攻撃まで時間がないことは重々承知しているのでアランの考えを聞けばすぐにどういった行動をするべきだと意見は出ると思います。

その上で軍の上層部にエニグマ暗号の内容を知らせるかそれとも自分達で黙ったままにしておくか次の攻撃が始まる前に決められたと思います。

それをしないでただ強引に電話をさせないようにするアランの行動は傲慢だなと思いました。
1